<高齢者虐待>家族・親族で「母と息子」被害が最多…厚労省 介護用品と介護施設

<高齢者虐待>家族・親族で「母と息子」被害が最多…厚労省のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<高齢者虐待>家族・親族で「母と息子」被害が最多…厚労省

モルテン アドバン床ずれ防止体圧分散式マットレス(圧切替型)高度床ずれ危険要因を持つ方の...
 厚生労働省の統計によると、06年に市町村が確認した家族・親族による65歳以上の高齢者虐待は1万2757件。8割以上は同居家族からの虐待で、今回のように加害者が息子、被害者が母親というケースが最も多い。また、被害者の3分の2は介護が必要な認知症で、必要な世話を怠る「介護放棄」の虐待は全体の約3割を占める。

 06年4月に施行された高齢者虐待防止法は、虐待に気付いた場合に市町村に通報する努力義務を規定し、特に介護ヘルパーや医師ら関係者は「早期発見に努めなければならない」としている。しかし、高齢者の虐待は外から見えにくく、当事者に自覚がないことも多いいため、他に家族がいない場合などに事態が深刻化しがちだ。

 通報を受けた市町村は、立ち入り調査の権限があるが、実施されたのはわずか1.4%。職員が訪問せず、情報収集で済ませたケースも28%あった。虐待が見つかった場合の対応として、介護施設や病院への入所・入院、自治体の緊急一時保護などで家族と分離したケースは約3分の1。厚労省は「将来的な生活も考慮すると、引き離すばかりが得策ではない」との立場だ。

 厚労省が実施したアンケートでは、早期発見のための関係者によるネットワークづくりに取り組んでいるとした市町村は半数以下にとどまっており、認知症・虐待防止対策推進室は「介護職員や医師だけでなく、地域住民や民生委員の目が届くような体制を作ることが大切だ」としている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


パソコンソフト ソースネクスト【税込】ズバリ健康【でんき1001】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。