<佐賀殺人>暴力団関係者と間違った疑い 3分間の凶行  介護用品と介護施設

<佐賀殺人>暴力団関係者と間違った疑い 3分間の凶行 のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<佐賀殺人>暴力団関係者と間違った疑い 3分間の凶行 

☆送料無料☆大好きなおじいちゃんおばあちゃんそして大切な家族のために、多機能対応ベッド L...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000044-mai-soci
 佐賀県武雄市の医院に入院していた板金業、宮元洋さん(34)が8日朝、何者かに拳銃で撃たれて死亡した事件で、入院先の病室に入院患者の名札がなかったことが9日、分かった。個人情報保護を重視していたためだが、宮元さんは10月初めに入院後2度病室を移っており、現場の個室に以前入院していた暴力団関係者と間違って撃たれた疑いが強まっている。

 厚生労働省は04年12月に個人情報保護法に基づき「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」を策定。病室の名札掲示は、プライバシー保護の観点から「患者の希望に応じて一定の配慮をすることが望ましい」と定めている。

 事件現場の医院は全19床が個室。見舞客はナースステーションで患者の入室先が分かるようになっていた。犯人は宮元さんが入っていた3号室とナースステーションの間の階段を使い、看護師の死角を利用して同室に直行し、犯行後も同じ経路で逃走したとみられる。

 一方、県警が病院から提出を受けた防犯カメラの映像を分析したところ、8日午前7時39分と同42分の2回、犯人とみられる不審な男が正面玄関を出入りする姿が映っており、3分間の凶行だったことが分かった。県警は映像や目撃証言などから、単独犯行との見方を強めている。

 また、司法解剖の結果、宮元さんの死因は銃創による失血死と判明。正面から肩付近に2発が当たっていた。発射されたのは計4発...

ニュースの続きを読む


☆ MIXA IMAGE LIBRARY Vol.161 介護・福祉 XAMIL3161


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。