NTT「光」苦戦 IT政策、現状とズレ 介護用品と介護施設

NTT「光」苦戦 IT政策、現状とズレのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

NTT「光」苦戦 IT政策、現状とズレ

サイドギャザーが横漏れを防いで安心♪着脱簡単マジックテープ式アイリス ペット用 紙おむつ...
 NTTが発表した光回線加入者目標の大幅な下方修正は、政府が唱えるIT(情報技術)政策と、現場の状況が一致していないことを露呈する結果となった。

 総務省は昨年8月、「次世代ブロードバンド戦略2010」の中で、光回線による超高速ブロードバンドFTTH(ファイバートゥーザホーム)の世帯カバー率を平成22年度までに90%とする目標を掲げた。

 老人介護、通信教育などの“世界最高水準”をうたったさまざまな次世代サービスは、ブロードバンド環境が前提となり、各家庭が光ファイバーに加入しなければ十分な機能は発揮できない。

 しかし、政府もNTTも「目標引き下げの影響はない」と主張する。NTTの光回線加入が当初のもくろみ通りいかなかったといっても、光以外にADSL(非対称デジタル加入者線)、WiMaxなどの無線でブロードバンド環境を整備する方策があるからだ。

 同省高度通信網振興課などによると、世帯カバー率90%は、希望すれば光サービスを使うことができる世帯を指す。今年6月末時点ですでに84・1%に達している。だが、カバー率を90%に近づけても光回線の加入が増えなければ、全国で便利な暮らしができるという政府の構想は絵に描いたもちも同然といえる。

 光回線加入が見込みに達しないのは、月額5000円に見合う魅力がないとみられているから。遠隔地医療、教育といったキラーコンテンツを国民に分かりやすく示し、PRできなかった問題点もある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


☆ MIXA IMAGE LIBRARY Vol.161 介護・福祉 XAMIL3161


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。