認知症の病理や予防策など学ぶ 亀岡で市民講座 討論会も開催 介護用品と介護施設

認知症の病理や予防策など学ぶ 亀岡で市民講座 討論会も開催のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

認知症の病理や予防策など学ぶ 亀岡で市民講座 討論会も開催

伸びながら曲がるキューマラインボトムのベッドに適しています[パラマウントベッド] プレグラー...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071110-00000048-kyt-l26
 認知症の病理や予防策について学ぶ市民公開講座が10日、京都府亀岡市余部町のガレリアかめおかであった。専門医がもの忘れと認知症の違いを解説、聴講者の意見を交えた討論会も行われた。
 講座は、亀岡市医師会が毎年開いている。今回、「日々の診療から関心の高まりを実感している」(同医師会)という認知症をテーマに据え、約150人の市民らが聞き入った。
 国立病院機構舞鶴医療センター(舞鶴市)の吉岡亮・臨床研究部長(神経内科)が、認知症のメカニズムについて説明した。老化現象のもの忘れと区別した上で、認知症を「普通の社会生活が送れなくなる厳然たる病気」と定義した。
 体験そのものを忘れる記憶障害や、時間と場所の見当がつかなくなるといった症状について解説。「認知症特有の症状を把握しておけば、患者への接し方も変わってくる」と、正確な知識を持つ必要性を訴えた。
 討論会では、介護職員が「患者本人の思いを優先し、それを実現させるために介護サービスを利用してほしい」と強調し、聴講者からは「若い人たちの認知症への意識を高めて、地域みんなで見守っていける体制がほしい」などと、意見が挙がっていた。

エンゼル製ふっくら抱き枕


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。