介護シンポジウム:介護の難しさを実感 体験者ら現状伝える--大阪 /大阪 介護用品と介護施設

介護シンポジウム:介護の難しさを実感 体験者ら現状伝える--大阪 /大阪のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

介護シンポジウム:介護の難しさを実感 体験者ら現状伝える--大阪 /大阪

海洋性鉱石ミネラル浴素配合~湯治家族~   エコグリーン(株)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000228-mailo-l27
 介護シンポジウム「施設の上手な利用法 第6回 がんばりすぎないで!」(大阪市住之江区介護保険施設協議会主催、毎日新聞大阪本社など後援)が10日、同区民ホールであった=写真。高齢者ら約400人が、介護の現状を伝える体験者らの話に聴き入った。
 まず、両親の介護経験があるタレントで作家の遙洋子さんが講演。「兄弟が近所にいても、誰が見るのか、本当に介護ができるのかという難しさがある」と実感を吐露。「介護は背負えるものでも、逃げられるものでもない。どうしたらいい介護を提供できるかを考えないといけない」などと訴えた。
 続いてあったシンポジウムでは、国際高齢者医療研究所の岡本祐三さんの司会で、高齢社会をよくする女性の会大阪代表の小林敏子さんら4人が在宅介護と施設介護の違いなどについて議論。「独居の高齢者は増える。“孤独力”を養っていかないと」「どういう死に方をしたいか、話し合っておくことが大事」「自宅でも起こることは、施設でも起こりうることを認識しないといけない」など、さまざまな指摘があった。【渋江千春】

11月11日朝刊

【送料無料】振動式目覚まし時計【タイムクラシック】 かわいらしいデザイン2種類から選べます


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。