介護体制や障害児らの指導法など報告 亀岡、施設職員の実践発表会 介護用品と介護施設

介護体制や障害児らの指導法など報告 亀岡、施設職員の実践発表会のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

介護体制や障害児らの指導法など報告 亀岡、施設職員の実践発表会

【送料無料・激安SALE!78%OFF】小型ワイヤレスカメラ1台+受信機セット◆防犯・監視・介護◆R...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071112-00000039-kyt-l26
 重い障害のある人たちの医療的ケアや生活支援の充実を目指し、京都府亀岡市大井町の重症心身障害児者施設・花ノ木医療福祉センターは12日、実践発表会を同センターで開いた。入所者の療育や障害児デイサービスを担当する職員が、介護体制の工夫や発達障害児への支援活動などを報告した。
 発表会には、近畿各地から福祉施設の職員や特別支援教育に携わる教職員たち210人が出席した。
 びわこ学園医療福祉センター(野洲市、草津市)の杉本健郎統括施設長が障害者の医療的ケアの現状などを解説した後、花ノ木医療福祉センターの職員5人が、重症児者病棟での介護や、注意欠陥多動性障害(ADHD)など発達障害の子どもたちへの指導法などについて事例発表した。
 発達障害がある就学前の子どもを対象にした「療育教室」の活動を報告した地域医療担当の石橋千穂さんは、「活動の部屋」「給食の部屋」など活動ごとに部屋を分けたり、カバンを置く場所を写真で示すなど、子どもに分かりやすく伝える工夫を紹介。「子どもたちは、次の行動や活動の流れが見通せるようになり、『やってみよう』という意欲につながる。障害があるからではなく、子どもの力に合わせた支援が大事」と話した。

【激安SALE!75%OFF】超小型ワイヤレスピンホールカメラ◆防犯・監視・介護◆203ca


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。