長寿社会、地域の支え大切 草津でシンポ 医療や介護充実を 介護用品と介護施設

長寿社会、地域の支え大切 草津でシンポ 医療や介護充実をのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

長寿社会、地域の支え大切 草津でシンポ 医療や介護充実を

静止型マットレス セラフィス(通気・洗浄タイプ・100cm幅) (株)モルテン
 高齢者の医療や福祉を考える「第22回琵琶湖長寿科学シンポジウム」が13日、滋賀県草津市笠山7丁目の県立長寿社会福祉センターで始まった。高齢者を取り巻く環境の変化をめぐる課題に対し、医療や介護、年金などの面から専門家や識者が支援制度の充実を訴えた。
 シンポは県などが毎年主催しており、冒頭に「制度改革の中で高齢者はどこに行くのか」をテーマにして、元厚生省社会・援護局長で財団法人休暇村協会の炭谷茂理事長が講演した。
 炭谷理事長は、貧困や住宅環境の悪化に苦しむ高齢者の増加や、高齢者を支えてきた家族や地域といった社会システムが崩れてきている、と指摘。その一方で、給付の増加で医療や介護、年金制度が限界に近づいている問題を取り上げ、「高齢者の人権にかかわるあらゆる施策を進める必要があるが、すべて官がやるのではなく地域住民の参加が重要」として就労支援など、社会の中で支えるシステムの重要性を訴えた。
 このほか、福祉関係者が在宅ケアや居住環境について講演し、参加した市民や福祉関係者約300人が熱心に聞き入っていた。14日も開かれる。
(引用 yahooニュース)


すべらない食事エプロン


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。