介護疲れで親子心中か=57歳長男と80歳母親-広島 介護用品と介護施設

介護疲れで親子心中か=57歳長男と80歳母親-広島のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

介護疲れで親子心中か=57歳長男と80歳母親-広島

無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000101-jij-soci
 14日午前9時15分ごろ、広島県廿日市市沖塩屋の藤本幸江さん(80)方で、長男の敏幸さん(57)がベッドの上で死亡しているのを、訪ねてきた介護ヘルパーが見つけた。幸江さんの姿が見えないため、廿日市署員らが付近を捜索したところ、約2時間後に近くの海上で、遺体で発見された。
 敏幸さんは脳性まひのため寝たきりの状態で、普段から幸江さんが介護していたといい、同署は幸江さんが介護疲れから心中した可能性もあるとみて、2人の死因を調べる。
 調べでは、親子は約30年前から2人暮らし。敏幸さんには目立った外傷はなかった。幸江さんの遺体は自宅から約300メートル離れた梅原漁港内の海上で浮かんだ状態で見つかった。遺書などは見つかっていないという。 

無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。