パラマウントベッド、非侵襲・無拘束・非装着で使用できる睡眠判定システム「眠りスキャン」を開発 介護用品と介護施設

パラマウントベッド、非侵襲・無拘束・非装着で使用できる睡眠判定システム「眠りスキャン」を開発のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

パラマウントベッド、非侵襲・無拘束・非装着で使用できる睡眠判定システム「眠りスキャン」を開発

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 聖闘士星矢 天界編 序奏 overture 【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-...
 パラマウントベッドは、非侵襲・無拘束・非装着で使用でき、睡眠状態の測定が可能な「眠りスキャン」(仮称)を11月14日~3日間、東京ビッグサイトで開催される展示会「ホスペックスジャパン2007」に参考出展する予定。現在、2008年の製品化を目指し周辺機器の開発を進めており、高齢者介護の現場などでの活用が見込まれる。 睡眠判定システム「眠りスキャン」は、呼吸や心拍、体動により生ずる微弱な振動をセンサーが捉え、就寝中の睡眠状態を判定。センサーは薄型で、マットレスの下に敷いて使用することができる。高感度な機器と寝姿勢の影響を受けにくい新構造の採用によって、データを安定して測定することが可能になったという。測定結果は、無線などを介し携帯端末やPCで確認できるようにする予定だ。 高齢者の睡眠は、睡眠環境やライフスタイルにより妨げられやすいといわれている。適切な睡眠がとれなくなると、健康への悪影響だけでなく、QOL(生活の質)の低下、転倒などのリスクの増加につながると指摘する。また、高齢者ケアでは夜間の覚醒回数が増えると見守りなどの介護負担も増加。従来、睡眠状態の把握は介護者の観察によって行われてきたが、同システムの使用によって、長期・長時間にわたる客観的な測定を容易に行うことができるようになり、使用者本人と介護者双方に役立つものと考えられる。 同社では、国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健研究室の白川修一郎室長による指導のもとで、睡眠に関する研究を行っている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


コンビウェルネス ホルダー付吸いのみ 240ml


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。