飲酒運転:許さない 「逃げ得」指摘、連携強化訴え--宇都宮でシンポ /栃木 介護用品と介護施設

飲酒運転:許さない 「逃げ得」指摘、連携強化訴え--宇都宮でシンポ /栃木のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

飲酒運転:許さない 「逃げ得」指摘、連携強化訴え--宇都宮でシンポ /栃木

ゆうゆう120 男性用 3枚組 ホワイト LL【送料無料】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000017-mailo-l09
 シンポジウム「飲酒運転の根絶を目指して」が14日、宇都宮市の県総合文化センターであった。「被害者支援センターとちぎ」の和気みち子事務局長をはじめ、パネリスト5人が「飲酒運転者の逃げ得を許してはならない」など、それぞれの立場から意見発表した。
 会場には約1400人が訪れた。パネルディスカッションでは、00年7月、飲酒・居眠り運転で娘の介護師、由佳さん(当時19歳)を亡くした、矢板市の和気事務局長らが発表。危険運転致死罪の最高刑が懲役20年である一方、加害者が逃げて飲酒が立証されなかった場合、自動車運転過失致死傷罪と道交法違反の併合罪で同懲役15年と「逃げ得」が生じると指摘した。和気事務局長は「関係機関が連携を強化し、変えていかなくては。被害者の声を聞いてほしい」と訴えていた。
 また、運輸会社社長の石井良幸さんは、飲酒運転防止には運転者の家族の協力も必要と話した。「酒が抜けると思うな起床9時間前の飲酒」など、心得を記した書面を社員の家族にも配るなどの取り組みを説明した。
 宇都宮市豊郷台、主婦、山口千絵さん(34)は「5歳の娘がいるので親としてしっかり交通ルールを教えていきたい」と熱心に耳を傾けていた。【中村藍】

11月15日朝刊

撥水エプロン


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。