ゴミ収集員が高齢者宅に戸別収集 京都市 介護用品と介護施設

ゴミ収集員が高齢者宅に戸別収集 京都市のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ゴミ収集員が高齢者宅に戸別収集 京都市

【送料無料】つなぎねまき MR-1002
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000915-san-soci
 京都市は、ごみ収集の市職員が身体障害者や要介護高齢者宅を戸別に回り、同時に安否確認も行う「一石二鳥」のサービスを年明けにスタートする方針を固めた。市では昨年、職員の逮捕など不祥事が相次いだが、「市民に愛されるごみ収集」を導入することで汚名返上を目指したい考えだ。
 市ではこれまで、ごみの収集サービスを上京区と山科区の約50世帯で試験的に実施しており、年明けから全市に拡大するのに伴い、こうした福祉サービスを追加することにした。
 独り暮らしや高齢者のみの世帯、障害者らごみ出しが困難な世帯が対象。玄関などにごみを出しておいてもらい、毎週1回程度、職員が家庭ごみと資源ごみを一括して収集する。
 この際、ごみが出ていなければ“異常事態”のサインとなり、事前に連絡先として登録している家族やホームヘルパーにすぐに電話できる態勢を整える。呼び鈴を鳴らしたり、声掛けをしたりして安否を確認するオプションサービスも希望者に提供する計画だ。対象は全市で1500~2000世帯になるとみられ、年内にも申し込みの受付を開始する。
 市では、相次ぐ不祥事を受けて昨年8月に「信頼回復と再生のための抜本改革大綱」を策定。今回のサービスは大綱に沿った施策の一つと位置づけており、市のイメージアップにつなげたい狙いもある。
 市は「水道料金の収集などの際にも安否確認を拡充すれば、福祉サービスをさらに向上させられる」としている...

ニュースの続きを読む


【送料無料】つなぎねまき MR-1002


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。