選挙:米沢市長選 あす告示、4氏の戦いか 市町村合併など争点に /山形 介護用品と介護施設

選挙:米沢市長選 あす告示、4氏の戦いか 市町村合併など争点に /山形のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

選挙:米沢市長選 あす告示、4氏の戦いか 市町村合併など争点に /山形

【送料無料】カワムラサイクル 2本組みアルミ製松葉杖2.5センチピッチ9段階で高さ調整できます
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000105-mailo-l06
 任期満了に伴う米沢市長選は18日に告示される。再選を目指す現職の安部三十郎氏(54)と、いずれも新人で元県議の野村研三氏(61)▽前市議の川野裕章氏(48)▽元市議でNPO法人理事長の鈴木睦夫氏(63)の無所属4人による戦いとなる公算が大きい。安部市政1期4年への評価や市町村合併などが争点になりそうだ。
 安部氏は昨年10月に立候補を表明。支援団体「夢のある米沢をみんなでつくる会」を母体に草の根運動を展開している。今夏以降は早朝のつじ立ちを再開したほか、各地区で市政報告会を開いて実績を訴えている。
 野村氏は昨年12月に出馬の意思を固めた。超党派の「元気米沢夢づくり市民会議」を軸に、参院選後から本格的な活動を開始。財源の裏づけを示した詳細なマニフェストを作成し、政策やリーダーの資質を強調して支持の拡大を狙う。
 川野氏は今年8月に出馬表明した。現・元職市議やライオンズクラブの仲間らが支援。連日、市内各地でつじ立ちを繰り返し浸透を図る。「オール置賜」を掲げ、市町村合併や広域連携の推進を唱えて行政のスリム化を訴える。
 鈴木氏は9月に立候補を表明。市議や福祉関連のNPO法人を運営してきた経験から、医療・介護分野の広域事務組合設立、市長給与の半額・退職金の返上などを掲げる。現職の批判票や無党派層を中心に政策を訴える運動を進めている。
 届け出は午前8時半から午後5時、市役所で受け付ける...

ニュースの続きを読む


口腔清掃用スポンジブラシマウスピュア口腔ケアスポンジ 50本入り


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。