余命、一週間宣告 あなたならどうする? 介護用品と介護施設

余命、一週間宣告 あなたならどうする?のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

余命、一週間宣告 あなたならどうする?

花王の尿とりパッドリリーフ30枚入×6袋ですリリーフ尿とりパッド 1ケース 30枚×6袋 (花王)
もし、あなたの身内が医師からこう宣告されたらどうするだろうか?

1年半前の春、それは我が家にも降りかかってきた。
若い頃は病気の問屋だった父、近年は「健康に自信がある父」がガンに倒れたのだ。

タバコも酒もやらず、早寝早起き、好き嫌いなくなんでも食べる。
こんな健康の見本みたいな父が、だ。

初めて母から父が入院したと聞かされたとき、てっきり検査入院だと思っていた。
それが検査から数日が経ち、ガンの疑いがあることを聞かされた。

受話器を持つ手が震えた。何かの間違いだと思いたかった。
頭の後ろを何かで殴られた感じ、とでも言うのだろうか。

ある日、主治医から父の病状の説明があった。
よくドラマや映画でみる小部屋。レントゲン写真が明かりに浮かび上がっている。

「これがお父様の肝臓です」
見ると水玉のように白く浮かび上がる無数の模様。それがガンなのだった。
でもそれは胃から転移してきたガンで、胃が「原発」というのだそうだ。

医者は手帳を取り出し、ガンの病状を説明する表がかかれたところを指さした。
父はいきなり「ステージ4」。手の施しようのない状態だということだった。

治療としてはもう手術や抗ガン剤を打っても、効果がない。
できるだけ痛みをなくすだけしかないという。

まさに「さじを投げる」とはこのことだ。

解せないのはなぜ、こんな状態になるまでほっておいたかということだった。
数年前に肝臓の腫瘍が出来手て術をした父だが、主治医にその部分はもちろん診察してもらい、
具合の悪いところは見てもらうようにしており、数ヶ月前に胃カメラも受けていたということだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【オープン】【連続SA1106】【SA1101】【SA1121終了...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。