「教頭つらい」多忘…仕事内容一変で戸惑い 介護用品と介護施設

「教頭つらい」多忘…仕事内容一変で戸惑いのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「教頭つらい」多忘…仕事内容一変で戸惑い

高速エアポンプ クイックターボ (株)モルテン
 希望降任制度の利用者が過去最多になったことについて、教職関係者は「管理職」への戸惑いや不安を理由にあげた。大阪府では年々教頭昇任試験の受験者が減少する中、平成15年度から始まった希望降任制度の利用者数は横ばいで、毎年数人が利用しているという。

 全国的に降任者が増えている現状について、府教委教職員人事課の担当者は「教頭になると、学校の運営や一般教員への指導など多忙な業務を担当することになる。仕事の質ががらりと変わることで、戸惑う人も多いのではないか」と指摘する。

 こうした点を踏まえ大阪府では、教頭や校長などの管理職業務を補佐する「首席教員」が、平成18年度に府立学校、19年度には市町村立小中学校に新設された。校長、教頭と一般教員の「橋渡し役」となり、校務の調整や教員の育成、渉外活動など、従来の管理職の仕事も担当する。

 一方で、教頭に昇任すると児童、生徒と接する時間が少なくなることを指摘する声もある。大阪府北部の市立小学校に勤務する40代の男性教諭は「一般教員なら休みがつぶれたり帰りが遅くなったりしても、『子供たちのためだ』とモチベーションを維持することができますが、管理職になるとそれも難しいのかもしれない」と話す。

 大阪府での降任希望者の主な理由は「親族らを介護しなければならなくなった」「体調不良」など。

 降任制度が導入されるまでは、こうした場合は退職せざるをえなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【送料無料】【一番安いに挑戦】【売れてます】【送料無料】【激安】LT-F1001MB 介護ベッド【...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。