患者搬送を民間が代行 業者認定し年内にも運用 和歌山市 介護用品と介護施設

患者搬送を民間が代行 業者認定し年内にも運用 和歌山市のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

患者搬送を民間が代行 業者認定し年内にも運用 和歌山市

エアマスター アクティ   (株)ケープ
 急増する救急車の出動に歯止めをかけるため、和歌山市消防局は、介護タクシーなどを展開する業者に容体の安定した患者らの搬送を代行させる制度を取り入れる。年内にも「患者等搬送事業者」を認定し、運用を始める。この制度を導入するのは県内初。

 和歌山市内の救急車出動回数(不搬送含む)は平成18年には1万7159件で10年前よりも約6000件増加。現場到着までの時間は18年で平均5分45秒で、前年に比べ平均9秒遅いという。

 搬送患者のうち、約6割は入院の必要がないことや、緊急性が低いにもかかわらず、タクシー代わりに出動を要請するケースも少なくない。このため、緊急性の低い人の通院や転院などを民間業者に代行してもらう。

 一般乗用旅客自動車運送事業の許可を受けた業者が対象で、車いすなどを積載できる車両があることや、人工呼吸器といった簡易救急資器材の搭載が義務付けられる。乗務員は市消防局などが開く基礎講座を受講する。

 市消防局は認定業者と連絡を取り合い、受け入れ先の病院を紹介したり、必要な情報を提供したりするという。市消防局は「業者を認定することで、利用者に質を保証できるため、安心して使ってもらえるのではないか」と話している。
(引用 yahooニュース)


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【オープン】【連続SA1106】【SA1101】【SA1121終了...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。