巨大絵画作りで心の交流 中京で障害者や小中学生150人 介護用品と介護施設

巨大絵画作りで心の交流 中京で障害者や小中学生150人のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

巨大絵画作りで心の交流 中京で障害者や小中学生150人

トイレまでの移動が難しく、介助を必要とされる方に。【送料無料】◎ポータブルトイレKX-SDRキ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000045-kyt-l26
 障害者や子どもたちが描いた絵をつなぎ合わせた巨大な絵画作りが20日、京都市中京区の身体障害者リハビリテーションセンターで開かれ、参加者が共同作業で交流し、心と心のつながりの大切さを考えた。
 障害を越えた共生について考える京都市の地域リハビリテーション交流セミナーで、大阪を拠点に活動する画家の森田真千子さんを指導役に、障害者や地域の小中学生ら約150人が参加した。
 参加者は、直径10センチほどの円形の紙に花や友達の顔など思い思いの絵を描いた。市内に15ある生活介護事業所などから寄せられた作品を合わせた計400枚を、クジャクがデザインされた縦210センチ、横180センチの紙に、絵を羽や尾に見立てて貼り付け、色とりどりの4羽を表現した。
 子ども時代の脳性まひで手足が不自由となり、車いすの森田さんは、口で筆を動かして、色紙にふくろうの絵と「いっぱいのやさしさ、いっぱいの思いやりをありがとう」などとメッセージを描き、「興味のあることをあきらめず、勇気を持ってチャレンジしてほしい」と障害者や子どもたちに呼びかけた。
 完成した絵がつり上げられると会場から歓声が上がり、朱雀第七小5年の長村瞳さん(11)は「森田さんは、とても努力していてすごい。みんなで協力して作ったから、いい絵になったと思う」と話していた。絵は同センターに1年間展示される。

マジックボールペン超魔術 ボールペンがお札を貫通_(;゜゜)ェ/゜°゜°。。♂今日から貴方が...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。