秀文社、9月中間期連結純損益が8900万円の赤字に転落。生徒募集ふるわず、一部校舎の減損を特損計上 介護用品と介護施設

秀文社、9月中間期連結純損益が8900万円の赤字に転落。生徒募集ふるわず、一部校舎の減損を特損計上のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

秀文社、9月中間期連結純損益が8900万円の赤字に転落。生徒募集ふるわず、一部校舎の減損を特損計上

【和光堂】手軽にたんぱく質と亜鉛の補給!SLプロテインパウダー Zn  3.6gX20包 携帯スティッ...
【11月9日、さくらフィナンシャルニュース=東京】埼玉地盤で学習塾を展開する秀文社(HC:2143)は9日、2007年9月中間期連結決算で、純損益が従来予想の7600万円の黒字から8900万円の赤字に転落したようだと発表した。前年同期は1億1800万円の黒字だった。生徒募集が不振だったうえ、上場関連費用がかさんだ。一部校舎の3500万円の減損損失を特別損失に計上するのも響いた。

介護事業は順調に推移したものの、主力の学習塾事業において春の生徒募集の不振や、途中入塾者と夏期講習会の募集状況が振るわず、売上高は同予想を1億700万円下回る、前年同期比4.9%減の11億6900万円となったようだ。

校舎数の増加や上場に伴う労務費、事務消耗品費、支払手数料などの費用が予想以上にふくらみ、営業損益は1億3400万円の黒字予想から1300万円の赤字に、経常損益は1億3800万円の黒字から200万円の赤字にそれぞれ下方修正した。

2008年3月通期連結業績予想では、売上高を従来予想から1億800万円下方修正し前期比3.8%減の24億6800万円に、営業利益は同予想から1億7800万円下方修正し同84.9%減の4900万円に、経常利益は同予想から1億7200万円下方修正し同82.4%減の6600万円に、それぞれ見直した。また、純損益は1億2900万円の黒字予想から1100万円の赤字(前期は2億600万円の黒字)に下方修正した。【了】

(引用 livedoorニュース)


マジックボールペン超魔術 ボールペンがお札を貫通_(;゜゜)ェ/゜°゜°。。♂今日から貴方が...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。