[覚せい剤]札幌中央署の巡査部長逮捕 親族付き添い自首 介護用品と介護施設

[覚せい剤]札幌中央署の巡査部長逮捕 親族付き添い自首のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

[覚せい剤]札幌中央署の巡査部長逮捕 親族付き添い自首

道化師ジェスターのサンドウィッチ・マジックあなたの選んだカードが、なんと、写真台の間に挟...
 札幌中央署は20日、札幌市北区新琴似11の3、同署地域課巡査部長で札幌駅前交番に勤務する佐々木英嘉(ひでよし)容疑者(35)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。佐々木容疑者が同日夜、母親など親族に付き添われ、覚せい剤と注射器を持って自首した。佐々木容疑者は使用や入手経路について自供しており、道警は裏付け捜査を進める。 調べでは、佐々木容疑者はビニール袋入りの覚せい剤5袋を所持した疑い。「2年ぐらい前から病気の家族の介護疲れで使用するようになった。覚せい剤に依存し、こうなってしまい申し訳ない」と話しているという。 インターネットで覚せい剤の売買情報を入手、携帯電話で連絡を取るなどして購入していたらしい。自首時に持参した覚せい剤は11月初旬に購入し、「最後に使用したのは19日。注射器で使用した」と供述しているという。腕には複数の注射痕があった。家族が佐々木容疑者の様子がおかしいと問いただした際、覚せい剤使用を打ち明けた。 佐々木容疑者は97年4月に道警に採用された後、札幌東署地域課や生活安全課などで勤務し、今年4月に札幌中央署へ異動した。体調を崩して9月12日から入院し、10月31日に退院した後は20日まで自宅療養していた。 道警では02年7月に生活特別捜査班長だった警部が同法違反(使用)容疑で逮捕されている。 谷口茂樹・監察官室長は「警察官にあるまじき行為で遺憾。今後、厳正に処分する」とコメントを出した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


高機能をコンパクトなボディに搭載。片手で開閉できる上フタ。 【送料無料】◎ポータブルトイレ...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。