高齢者の孤独死深刻化 対策マニュアル策定へ(和歌山) 介護用品と介護施設

高齢者の孤独死深刻化 対策マニュアル策定へ(和歌山)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

高齢者の孤独死深刻化 対策マニュアル策定へ(和歌山)

音響メーカーの名門が開発した集音器! 『パイオニア集音器《フェミミ》』
 高齢化の進展に伴い、誰にもみとられないまま亡くなる高齢者の孤独死が深刻化していることから、県は来年度に対策マニュアルを策定するため実態調査を始めた。県が孤独死の対策に乗り出すのは初めて。まず実態を把握する必要があるとして、県の委託を受けた大学教授らが、民生委員にアンケートしたり、実際に孤独死の現場に遭遇した住民から聞き取り調査をしたりしている。
 県内の一人暮らし高齢者は、2007年3月末現在で4万8270人。前年同期の4万5069人から3201人増えた。さらに、将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所)によると、10年には4万8780人、15年には5万4764人、20年には5万7822人になると予測されている。
 一方で、高齢者の孤独死の実態ははっきりと分かっていない。何日以上放置された状態で見つかった場合を指すのか、自殺を含むのかなど定義づけがされていないためだ。
 県介護予防推進室によると、県内で1人暮らし高齢者が在宅で病死した件数だけでみると、06年度は167人。05年度の145人、04年度の133人から比べると増えている。孤独死防止の取り組みについては、市町村によって、しているところとしていないところとばらつきがあるという。
 このため、まず実態を把握する必要があるとして、今年8月ごろから、県内に約2500人いる民生委員にアンケートをしたり、老人クラブや各市町村、社会福祉協議会、包括支援センター、県警に問い合わせるなど調査を進めている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【11/19 10:00~11/23 9:59までポイント2倍!】【送料無料】ライブクリエータ 液晶モニタ、液晶...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。