2010年代半ばを目途にした年金などの安定財源確保、公費負担規模は現行消費税10%程度に相当=自民財革研 介護用品と介護施設

2010年代半ばを目途にした年金などの安定財源確保、公費負担規模は現行消費税10%程度に相当=自民財革研のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

2010年代半ばを目途にした年金などの安定財源確保、公費負担規模は現行消費税10%程度に相当=自民財革研

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【オープン】【連続SA1106】【週末1122】【SA1121終...
 [東京 21日 ロイター] 自民党の財政改革研究会(会長:与謝野馨前官房長官)は21日午後、会合を開き、「2010年代半ばをめどに年金・医療・介護および少子化対策に要する安定財源を確保する場合、必要な公費負担の規模は少なくともGDP比5%程度(現行の消費税10%程度に相当)と見込まれる」と明記した中間報告をとりまとめた。消費税については「社会保障給付のための財源と位置づけ、現行の消費税を社会保障税(仮称)に改組する」と消費税の社会保障財源としての活用を明確にした。

[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)


 【加藤萬謹製】オリジナルミニタオルオレンジ


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。