北欧版、Bluetooth血圧計とケータイで健康管理 介護用品と介護施設

北欧版、Bluetooth血圧計とケータイで健康管理のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

北欧版、Bluetooth血圧計とケータイで健康管理

無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット
(これまでの 木暮祐一の「ケータイ開国論」はこちら) 先週、東京ビックサイトにて医療・福祉施設のための専門展示会「HOSPEX JAPAN 2007」が開催され見学してきた。医療機器、介護・福祉設備機器、システム等を中心とした展示なのだが、じつは今年はフィンランドの医療、福祉に関する特別展示コーナーが設けられるということで開催前から興味を抱いていた。 フィンランド等の北欧諸国は社会福祉制度が充実していることで有名だ。また、フィンランドといえばNOKIA、スウェーデンといえばエリクソンの本拠地である。ケータイが早い時期から普及を遂げていた国々であるだけに、もしやモバイル等無線通信を使った医療・福祉サービスなども充実しているのではないかと関心を持っていた。 この「フィンランドコーナー」なる特別展示ブースは期待していたほど大きいものでもなく、テーマもやや散漫としたものではあったが、やはりありました…!モバイルを活用したサービスが。 ケータイは身近な情報通信端末であるので、この端末内に健康を管理するための情報を集約させようというサービスである。具体的には、Bluetoothで計測データを飛ばせる血圧計と、NOKIA端末向けの血圧管理アプリケーションを提供し、ユーザーのケータイ端末(NOKIA)で自身の血圧測定値を管理するというもの。蓄積した血圧データは、必要に応じて健康管理を請け負う企業にアップロードされ、指導を受けることもできる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


リフレ 介護用シーツ 吸水タイプ 2枚入


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。