人と共存するための機能“全部入り”――汎用ロボット「TWENDY-ONE」 介護用品と介護施設

人と共存するための機能“全部入り”――汎用ロボット「TWENDY-ONE」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

人と共存するための機能“全部入り”――汎用ロボット「TWENDY-ONE」

【送料無料】チタン製後輪が小さい軽量タイプカワムラサイクル 介助用駐車機能付介助ブレーキ...
 早稲田大学の創造理工学部 総合研究科 菅野重樹研究室は11月27日、“人間共存ロボット”「TWENDY-ONE」(トゥウェンディ・ワン)を発表した。

 エンターテイメント性や二足歩行技術などが脚光を浴びやすいロボット業界だが、TWENDY-ONEは人と共存するために必要な機能を1つのボディに納めた“汎用性”が大きな特徴だ。繊細に物をつかめる4指ハンドや全方向移動が可能な車輪を搭載し、高齢者の介護や製造業の現場支援など、人間のさまざまな活動をサポートすることを目的としている。

 菅野教授は、人と共存するロボットには「安全性」や「作業の巧みさ」といった条件が求められると語る。1990年代の初め頃からこうした条件をテーマにしたロボットの研究を始め、1999年には繊細に動くハンドを備えた人間共存ロボット「Wendy」(ウェンディ)を開発、2000年からはWendyをベースに産学協同で研究をすすめ、約7年の年月を経てTWENDY-ONEが誕生した。

 TWENDY-ONEの大きな特徴は、まず腕部に“バネ”を利用した関節機構を備えていることが挙げられる。人や物に接触したとき、この“バネ”が電子的な制御では難しかしい柔軟な動きで衝撃を吸収することで、安全性を確保しながら故障を防止する。また手の甲や前腕、肘など人との接触が多い部分にはシリコンなどのクッション材を採用した。両腕の先で約22キログラム、前腕全体で約34キロ程度の支える力がある。また腕部全体に53点の「分布型圧力センサー」を配置し、人との接触を感知したり動きに追従することができる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。