県内老人医療費増、全国最低の就業率一因 介護用品と介護施設

県内老人医療費増、全国最低の就業率一因のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

県内老人医療費増、全国最低の就業率一因

耐荷重100Kgの安心・安全な高剛性フレーム[片山車椅子製作所] KARL カール KW-903 (介助式・ド...
 県内の老人医療費が全国一高い伸び率で増えている要因の一つは「全国一低い高齢者就業率」との分析結果を県が4日までにまとめた。県医務・国保課は「病は気からといわれるが、生きがいづくりは高齢者の疾病と関係がある」と分析、沖縄の健康長寿復活には生きがいづくりが課題としている。
 県内の一人当たり老人医療費(2005年度)は約92万円で、全国平均より約10万円高く全国7位。前年度比で7・7%増加し、増加率は全国平均より2・4ポイント上回って、全国1位だった。
 一方、高齢者就業率(05年)は16・12%で全国平均21・10%よりも約5ポイント低く、全国最下位だった。
 2000年の都道府県平均寿命で男性1位、女性3位の長野県は、1人当たり老人医療費は約67万円で全国で最も低い。一方、高齢者就業率は29・90%に上り、全国で最も高かった。
 1人当たり老人医療費と高齢者就業率の相関関係を表す厚労省などによる資料では、長野と沖縄は対極に位置している。
 県医務・国保課は老人医療費と高齢者就業率との関係について、厚生労働省などが作成した資料を基に分析した。
 その結果「高齢者就業率が高い都道府県は、1人当たり老人医療費が低くなる傾向にある」として「健診受診率の低さ」や「在宅等死亡率の低さ」とともに、高齢者就業率の低さが老人医療費の増加に「影響している」と結論付けた。
 同課は、この見解を策定作業中の県医療費適正化計画に盛り込む方針...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


TENA スリップマキシ M


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。