翻弄される医療(消える病院) 介護用品と介護施設

翻弄される医療(消える病院)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

翻弄される医療(消える病院)

《送料無料》%OFFセール介護用入浴用品 浴槽台・踏み台ステンレス製浴槽台R“あしぴた”標準 ...
 「医療崩壊とは、健康な時、普段は気づかなくても、いざ自分や家族、大切な人が病気や怪我で本当に困った時に適切な医療にアクセスできない状態を意味する。例えば、産科では、どこにも産めるところがない。救急では、どこも受け入れてくれないことだ。このようなことが全国でドミノ現象のように起きている」
 こう語る埼玉県済生会栗橋病院副院長の本田宏さん(外科医)は、「病院から医師が逃げ出し、地域から病院が姿を消している」深刻な実態を告発するために、「誰が日本の医療を殺すのか」という著書を今年9月に出版している。本田さんは「今後、団塊の世代が高齢化し、入院患者増が必至となる爆発的な医療需要期を迎える。このままでは、医師不足で医療は崩壊し、大量の医療難民が発生するだろう」と危機感を強める。
 では、医療崩壊をくい止めるには、どうすればいいのか? その道筋をたどった。
(山田 利和)

勤務医は過労死寸前
 京都府・舞鶴市民病院(236床)「副院長の退職を機に内科医が大幅退職、続いて全員退職~公募による公設民営の予定」
 北海道・江別市立病院(408床)「平成17年8月に12人いた内科系医師が、平成18年9月までに全員退職」
 新潟県・阿賀野市立水原郷病院(408床)「常勤医師の半数11人が退職~1次救急の停止、内科の診療制限」
 愛知県・高浜市立病院(130床)「18年度末までに医師18人全員退職~公設民営で受け入れ先を公募中」
 スライドに映し出される「地域医療崩壊事例」―...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


《送料無料》%OFFセール介護用入浴用品 浴槽台・踏み台ステンレス製浴槽台R“あしぴた”標準 ...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。