裁判員制度:神戸地裁、裁判員を模擬選任 30人に個別面接 /兵庫 介護用品と介護施設

裁判員制度:神戸地裁、裁判員を模擬選任 30人に個別面接 /兵庫のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

裁判員制度:神戸地裁、裁判員を模擬選任 30人に個別面接 /兵庫

《送料無料》%OFFセール介護用入浴用品 移乗台・バスボード浴槽ボード
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000172-mailo-l28
 重大事件の刑事裁判に国民が参加する「裁判員制度」が09年5月までに開始されることを受け、神戸地裁は5日、さまざまな候補者から裁判員を選ぶ模擬の「選任手続き」を行った。選任するための全国的な基準統一など、今後の課題が明らかになった。
 裁判員は原則として辞退できない。裁判員法は▽70歳以上や学生▽重い病気やけが▽同居親族の介護▽事業に著しい損害が生じる恐れがある――などでの辞退は認めているが、認めるか否かの線引きが焦点になる。
 この日は、選任手続きに臨む30人に個別面接が行われた。30人は神戸地裁が10月中旬、県内の協力企業・団体の名簿から抽出した50人に、辞退を望むかどうかなどの質問票を送付。回答を基に選ばれた。
 技術職の男性は「少人数で職場に代わりはいない」と説明。佐野哲生裁判長が「他の人を雇うとどのくらい費用がかかりますか」と尋ねると「専門的技能でアルバイトを雇うこともできない」と応じた。どの候補者かは明らかにされなかったが、3人が業務の事情で辞退を認められた。
 選任手続きは約2時間半で終了。裁判員に選ばれなかった女性(40)は「待ち時間は苦にならなかったが、リラックスして待つことができる場所があればよかった」と話した。佐野裁判長は「国民に負担をかける制度。複数面接など、もう少し効率的な運用を考えたい」と述べた。【酒井雅浩】
〔神戸版〕

12月6日朝刊

%OFFセール介護用入浴用品 移乗台・バスボードバスタブマット


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。