国策と地域医療(消える病院・全5回の2) 介護用品と介護施設

国策と地域医療(消える病院・全5回の2)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

国策と地域医療(消える病院・全5回の2)

%OFFセール介護用入浴用品 移乗台・バスボードバスタブマット
新シリーズ 社会保障が危ない~「改革」の真相5
第2部 消える病院~検証「医療崩壊問題」
中の1 国策と地域医療

逆境に向き合う中核病院
 青森県・下北半島は、本州の最北端に位置し、斧(おの)のような形をしている。その斧の先端部、いわゆる本州の最果てに当たるのが、大間町だ。町内のあちらこちらに、青森県ではなく北海道函館市の医療機関の看板が立ち並ぶ。
 「大間町の場合、フェリーで海を渡って北海道へ行く方が、むつ市に来るより便利だから」と、むつ総合病院(むつ市)の小川克弘院長が、その事情を説明してくれた。『医者に通うのに、船で海を渡るとは!?』。地理的な問題があるとはいえ、初めて聞く下北地域の医療事情の一端にカルチャーショックのようなものを覚えた…。

 むつ総合病院は、むつ市を中心に大間町・佐井村・風間通村・東通村の1市1町3村を対象とする「むつ医療圏」の中核病院となっている。この5自治体が下北医療センターという一部事務組合をつくって同病院を運営しているが、国の「第5次病院経営健全化計画」の適用を受けており、「経営的には決して楽ではない」(小川院長)。
同計画が始まった2002年4月には約55億円の負債(不良債権)を抱え、この5年間で約31億円を解消したものの、なお約24億円の負債を残している。同センター事務局長の高坂志一さんは「相次ぐ診療報酬の引き下げも響いている」と、苦しい胸の内を明かす。

 多くの公立病院と同様に厳しい病院経営に直面しているが、むつ総合病院は恒常的な医師不足問題にも悩まされている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ミミチュア


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。