「減築」高まる人気 仙台圏 高齢者世帯に需要 介護用品と介護施設

「減築」高まる人気 仙台圏 高齢者世帯に需要のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「減築」高まる人気 仙台圏 高齢者世帯に需要

《送料無料》%OFFセール介護用入浴用品 移乗台・バスボードすべり止めマットオーバルリング ロ...
 住宅リフォームで部屋の区切りを取り払い、部屋数を減らして一部屋を広くする「減築」の需要が仙台圏で増えている。少子高齢化と核家族化の進展で、1人で住んだり、夫婦2人で暮らしたりする高齢者世帯が増え、小さい部屋で区切られる間取りが生活様式に合わなくなったためだ。リフォーム会社は受注増を見込み、営業活動を強めている。

 住友不動産(東京)は10月、仙台市宮城野区苦竹1丁目の2階建ての住宅を改修した。6畳の和室2室と8畳の洋室、8畳の台所で区切られた1階を、24畳のLDKにした。

 住人は60代の夫婦で、不要な部屋が増え減築を望んだ。「部屋を減らした分、1部屋が大きくなり、くつろげる場所ができた」と話す。

 同社宮城第二支店(仙台市)は「リフォームのニーズは増築から減築に移りつつあり、高齢化に伴って注文は増える」とみる。

 太白区松が丘の男性(71)は妻(65)の介護をするため昨年9月、2階建ての自宅を改修。14畳のリビング、6畳の和室、4.5畳の洋室だった1階を25畳のワンルームにした。

 男性は「妻は改修前、別の部屋で寝起きしていたが、一緒の部屋にいられるようになり、身の回りの世話をする時も車イスで移動する時も楽になった」と語る。

 ミサワホームイング東北(仙台市)には月平均で約5件、減築改修の引き合いがある。リフォーム代は1軒300万円から千数百万円という。

 仙台市によると、市内の一人暮らし世帯は10月時点で3万6990世帯、2人暮らしは2万9918世帯で、5年前よりそれぞれ2.0%、1.13%増えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


19.安心の安定感!高さ調節可能!キャスター付きで移動もラクラク!ナイトテーブル★【送料無料】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。