伊藤忠、「ワークライフバランス」の取組拡充について 介護用品と介護施設

伊藤忠、「ワークライフバランス」の取組拡充についてのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

伊藤忠、「ワークライフバランス」の取組拡充について

ふんわりレッグウォーマー(ひざ付)パシフィックサプライ(株)
今般、社員の仕事の充実と豊かな人生の実現を目指すのみならず、人的資源価値や企業価値の拡大という視点を含めた、ワークライフバランス(以下「WLB」)の取組みを拡充しましたので、以下の通り取り報告致します。
1.WLBの取組み(経緯)
(1)2003年12月 「人材多様化推進計画」を策定(計画期間2004年1月~2009年3月)
(2)2005年3月  育児・介護支援策の拡充
(育児休業期間の延長、子の看護休暇の新設、育児介護に関するホームページの開設)
(3)2007年4月 「Frontier 2008」(中期経営計画)において、世界視点の人材戦略の重要な一施策として、WLB促進策を策定
2.WLB制度拡充のコンセプト
(1) 育児・介護関連
ビジネス環境の変化が益々スピードを増す中で、長期休業を敬遠する社員の意識を踏まえ、「働き続けることを可能とした」支援策の見直し・拡充を図る。
(2) 少子化を見据えた優秀な労働力確保、人材多様化推進の一助として、配偶者の海外転勤に伴い一定期間日本を離れざるをえない場合の支援策を新設する。
(3)「特別支援休暇制度」は勤続3年以上が対象の為、ここ数年で採用数が急増している中途採用者にも配慮した支援策を新設する。
  * 特別支援休暇制度 : 利用しなかった精勤休暇を蓄積し、育児・介護・傷病時に利用できる制度
3.具体的改訂内容
(1) 育児・介護に係わる費用の一部補填の拡充 :
- ベビーシッターや介護ヘルパー、配食サービス等の育児・介護に係わる費用を各々月最大5万円まで補填...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ニシキ株式会社製一分丈おむつホルダー


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。