県保健医療計画:改定原案 予防・治療目標、がんなど4大疾病追加 /徳島 介護用品と介護施設

県保健医療計画:改定原案 予防・治療目標、がんなど4大疾病追加 /徳島のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

県保健医療計画:改定原案 予防・治療目標、がんなど4大疾病追加 /徳島

%OFFセール介護用歩行補助用品。杖・ステッキ一本杖 カーボンファイバー 固定型
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000149-mailo-l36
 少子高齢化社会に対応した持続可能な医療保健制度を目指す国の医療制度改革を受け、県は6日、県保健医療計画を改定する原案を発表した。今回はがんと脳卒中、急性心筋梗塞(こうそく)、糖尿病の4大疾病に関する項目を追加。年齢の構成比をそろえた年齢調整受療率では、脳血管疾患と急性心筋梗塞、糖尿病は全国平均を上回っている。
 同日開かれた県議会文教厚生委員会へ提出した。計画は87年策定。病気の予防や治療目標などを記したもので、ほぼ5年ごとに改定している。
 同様に生活習慣病対策を記した県健康増進計画「健康徳島21」の改定素案では、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を12年度までに、06年度比で10%削減する目標数値を追加。心疾患と脳卒中の死亡も目標とする減少率を引き上げた。
 また、30年後の高齢者医療、介護を考える県地域ケア体制整備構想素案も策定。地域ごとの高齢化率などを試算した。
 同構想では、高齢化が最も急速に進むのは南部2地区(美波、牟岐、海陽3町)で15年に40%、35年には50%を超すと予想。要介護・要支援認定者数は県内で、35年までに4万3000人から6万人に増加。うち要介護度4~5の重度者の割合は、西部2地区(三好市、東みよし町)が最高で35年には約25%という。
 県はこのほか、がん検診の受診者を増やす目標を盛り込んだ県がん対策推進計画案や、県医療費適正化計画案も発表した...

ニュースの続きを読む


アレルギーや肥満、骨や関節の障害を防いで高齢犬の健康を応援♪ ソリッドゴールド ミレニア...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。