[和歌山・3人刺殺]長男が「父親と仲悪かった」供述 介護用品と介護施設

[和歌山・3人刺殺]長男が「父親と仲悪かった」供述のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

[和歌山・3人刺殺]長男が「父親と仲悪かった」供述

【11%OFF】やさしくソフトな肌触り♪たっぷり使える厚手タイプで経済的 シーズイシハラ 介護...
 和歌山市宇須1の無職、坂口喜雄さん(82)方で坂口さんと長女の医師、高田美和子さん(49)、高田さんの長男翔君(12)=市立高松小6年=が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された坂口さんの長男、実容疑者(52)が「(父親と)仲が悪かった」と供述していることが5日分かった。住居の明け渡しを巡って訴訟になっていたことも判明。和歌山県警和歌山西署は父子間の確執が事件の背景にあったとみて、動機を追及している。 訴訟は坂口さんが01年7月、実容疑者を相手に、住んでいた別棟の明け渡しを求めて和歌山地裁に起こした。訴状によると、実容疑者は就職しないまま88年ごろから別棟で暮らすようになった。坂口さんは、訪問介護を受けるため別棟の改装を考え、実容疑者に家を出て自立を促したが、聞き入れられなかった。この間、実容疑者は坂口さんに暴力を振るうことなどがあったという。 また事件を巡っては、実容疑者が産経新聞和歌山支局と読売新聞和歌山支局に、家族への恨みなどを書いた文書が記録されたCDを送っていた。

(引用 livedoorニュース)


腰部ガード 


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。