トヨタ、「パートナーロボット」を2010年代初頭に実用化へ 介護用品と介護施設

トヨタ、「パートナーロボット」を2010年代初頭に実用化へのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

トヨタ、「パートナーロボット」を2010年代初頭に実用化へ

簡単便利なトイレ袋!簡易トイレ袋 ベンリー袋(5枚入25回用)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000014-inet-sci
トヨタ自動車は6日、生活支援ロボット「パートナーロボット」を2010年代の早い時期に実用化することを発表した。今回発表されたのは、近距離のパーソナル移動支援を行う「モビリティロボット」と、家庭内での家事支援や介護・医療支援を行うことを目指す「バイオリンロボット」だ。モビリティロボットは来年後半から実証実験を行う予定だ。

【画像が掲載された記事】

トヨタでは、パートナーロボットの役立つ主なフィールドとして、「家庭内での家事支援」、「介護・医療支援」、「近距離のパーソナル移動支援」、「製造・モノづくり支援」を挙げている。今回の2体のロボットは、同社のパートナーロボット事業の中核になると期待されるものだ。

モビリティロボットは、段差や斜面でも安定した走行が可能で、屋内での自律移動機能や使用者の追従機能も備えている。また、バイオリンロボットは、道具を使えるロボットとして開発したもので、両手・両腕に内蔵した合計17の関節を、高度な制御により協調させ、人間の手や腕の繊細な動きを実現している。「バイオリンを弾くのは人間にとっても難しい。人が持つスキルに近づけることを目指している」(同社広報)。



■関連記事
ZMP など、二足歩行ロボット教材の最新モデルを発表
安川電機、3m 角の超大形マザーガラス基板を37.4秒で搬送するクリーンロボット
安川電機、腰が曲がるサービスロボット開発
ヤマハ発動機、クリーンルーム仕様の超小型スカラロボット
日立、オフィス向けに小型で機敏に動く対話型ロボットを開発

ノンパンクタイヤ車いす(介助用)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。