崎浜さんの「野いちご」 新報短編小説賞決まる 介護用品と介護施設

崎浜さんの「野いちご」 新報短編小説賞決まるのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

崎浜さんの「野いちご」 新報短編小説賞決まる

【11%OFF】やさしくソフトな肌触り♪たっぷり使える厚手タイプで経済的 シーズイシハラ 介護...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000003-ryu-oki
 【東京】第35回琉球新報短編小説賞の受賞作に崎浜慎さん(31)=本名・浜川智久仁、那覇市、沖縄大学職員=の「野いちご」、佳作に新垣美夏さん(30)=沖縄市、介護福祉士=の「オブラート スカイ」が決まった。
 50編の応募作品を2次にわたる予備選考で6編に絞り、芥川賞作家の大城立裕、又吉栄喜、文芸評論家の湯川豊の3氏が6日、都内で最終選考を行った。
 「野いちご」は、幼いころ野イチゴ採りの最中にけがをした経験を持つ老女ウシをめぐる幻想的な物語。ひ孫の少女・ちさととiPod(アイポッド)を通じて対話するウシは、夢と現実の世界を行き来する中で風に飛ばされたというオバアや洪水で失った2人の息子と再会する。
 選考会では「現実と夢を絡ませながら、老女が人生を思い、家族を思っている。それが幻想的によく書けている」(大城氏)、「オバアの夢と意識の境を鮮やかにとらえたイメージが、読み手に迫ってくる。オバア物として全く新しい」(湯川氏)、「夢と現実、生者と死者が混然一体となり、年を取って頭が混濁した女性を通して目新しい風景を広げた」(又吉氏)と評価された。表彰式は1月25日。

19.高さ調節可能!キャスター付きで移動もラクラク!ナイトテーブル★


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。