探’07:滝川・タクシー代補助制度詐欺事件 税金扱う認識薄く /北海道 介護用品と介護施設

探’07:滝川・タクシー代補助制度詐欺事件 税金扱う認識薄く /北海道のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

探’07:滝川・タクシー代補助制度詐欺事件 税金扱う認識薄く /北海道

シンプルで、コンパクトなポータブルトイレです安寿 ポータブルトイレGX (アロン化成)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071209-00000002-mailo-hok
 ◇請求青天井、漫然と垂れ流し--検証委で再発防止策検討
 生活保護受給者に対するタクシー代補助制度を悪用し、滝川市からタクシー代をだまし取ったとして、同市黄金町東3、無職、片倉勝彦(42)と妻ひとみ(37)ら4容疑者が逮捕された詐欺事件。今年10月までの1年8カ月で、市が支給したタクシー代の総額は2億3441万円に上る。不正受給に疑念を抱きながらも「制度上問題ない」という道の見解に寄りかかり、漫然と金を垂れ流し続けた滝川市。経過を検証すると、税金を扱う意識に欠けた行政の無責任体質が浮かび上がる。【西端栄一郎】
 ■制度を逆手に
 「介護タクシー利用は医師の判断に従って認めた」「制度の運用に誤りはなかった」。4人のうち3人が逮捕された11月19日、市は手続きの適正さを強調した。
 生活保護制度では、受給者が病気を治療する場合、地元か近隣の医療機関へ通院するのが原則。遠隔地に通う場合は医師が可否を判断、タクシー利用も医師が決める。
 タクシー代の補助は、公共交通機関が利用できない症状の重い患者について認めている。介護タクシーはストレッチャーや酸素吸入器などの医療設備があり、付き添いの介助員も同乗。その場合は費用が上乗せされる。料金は運行業者からの請求書と、病院の通院証明を福祉事務所が照らし合わせ、日時が合っていることを確認して支給。上限はない。
 今回は形式上こうした条件が整っていたことが、逆手に取られた格好となった...

ニュースの続きを読む


浴槽の縁に取り付ける手すりです湯~グリップPタイプ (フォーライフメディカル)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。