障害者虐待:親族が110件、両親3割 解決済み25%だけ--00~06年 /滋賀 介護用品と介護施設

障害者虐待:親族が110件、両親3割 解決済み25%だけ--00~06年 /滋賀のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

障害者虐待:親族が110件、両親3割 解決済み25%だけ--00~06年 /滋賀

【送料無料】家具調トイレ座楽KC型 脱臭・ソフト便座
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071209-00000138-mailo-l25
 ◇県社協調査
 県内の障害者福祉にかかわる施設や団体が00~06年にかけて認知した家庭内虐待の件数が110件に上っていたことが分かった。県社会福祉協議会権利擁護センターが昨年、初めて行った調査で判明。このうち約25%は解決済みだが、同センターは「関係機関が支援のネットワークを広げ、早期発見と予防態勢づくりを進めたい」とし、啓発セミナーを11日に草津市笠山7の県立長寿社会福祉センターで開く。【蒔田備憲】
 ◇発見・予防へ啓発セミナー--11日に草津で
 調査は昨年11~12月に実施。県内にある障害者福祉にかかわる施設や団体、機関など869カ所に調査票を郵送し、00年以降、親族から虐待を受けた可能性があると認知した事例をまとめた。
 その結果、障害別で虐待を受けているのは、知的障害者が最も多く63・6%。虐待しているのは両親が約3割を占め、兄弟姉妹による虐待も約1割あった。
 虐待の態様別では、「障害年金や給料を取り上げ、食事を与えず外出もさせない」などの経済的虐待が65件(59・1%)で最多。心理的虐待が58件(52・7%)で、身体的虐待は57件(51・8%)など。性的虐待も12件の報告があった。
 虐待する側の原因は「障害に対する無理解、無関心」や「失業や借金など生活上の問題」、「介護による精神的疲れ」などが目立った。
 同センターは「障害への理解を広げ、虐待する人が抱える生活上の課題を支援する必要がある」と指摘...

ニュースの続きを読む


シンプルなスワン型グリップの4点杖ですスワン型4点杖 (4点ステッキ) (インターリンクス)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。