日曜インタビュー:「梅かま」社長・奥井健一さん /富山 介護用品と介護施設

日曜インタビュー:「梅かま」社長・奥井健一さん /富山のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

日曜インタビュー:「梅かま」社長・奥井健一さん /富山

電源不要でどこでもシャワーが出来る、『ポータブルシャワー』ですポータブルシャワー  #6600 ...
 ◇かまぼこ、消費拡大へブランド化計画 介護食の分野にも進出--奥井健一さん(68)
 かまぼこ業界は踏ん張り時を迎えているようだ。消費が落ち、とりわけ若い世代の関心が薄いのだという。1200年の歴史がある伝統食品をいかに食べ続けてもらうか。全国3位のかまぼこ消費を誇る富山県。県内最大手メーカー「梅かま」の社長で、全国蒲鉾(かまぼこ)水産加工業協組連理事副会長を務める奥井健一さん(68)に、業界の現状や消費拡大に向けた戦略などを聞いた。【相原洋】
 ――かまぼこの現状について。
 奥井さん 80年ごろは全国に3000社以上あり、100万トンを生産していました。でも、ほとんどが10人以下の家内企業。後継者不足や大手の参入などで廃業が相次ぎ、現在では約1600社で、生産量は約65万トンです。
 ――業界をとりまく環境の変化は?
 奥井さん 原料の「すり身」が日本に入りにくくなっている点です。すり身はほとんどが北米・アラスカから日本に入って来るのですが、ユーロ市場に出すほうが米側には利益が出やすくなり、日本ばかりがお得意さんというわけではなくなってきているのです。それに、鳥インフルエンザやBSE問題などで魚の安全性が世界で注目され、この10年ほどで西欧を中心とした外国の生産量が日本を上回るほどになりました。
 ――国内の需要は少なくなっている?
 奥井さん 若い人が食べていないというデータがあります...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


浴槽の縁に取り付ける手すりです。お風呂の縁の手すり Newバスアーム (イーストアイ)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。