だれやみ評論:知事の徴兵制発言 /宮崎 介護用品と介護施設

だれやみ評論:知事の徴兵制発言 /宮崎のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

だれやみ評論:知事の徴兵制発言 /宮崎

【売れてますッ!!】 【ババデンキ全商品ポイント2倍!】■■ コール機能付 音声モニター ...
 東国原英夫知事が「徴兵制があってしかるべき」と発言、本紙を含め各マスコミが報じた。残念なことだ。
 若手建設業者などを集めた宮崎市内での座談会の席上、知事は「個人的には、徴兵制があってしかるべきと思う。若者は1年か2年くらい自衛隊のようなところに入ってもいいのではないか」という趣旨の発言をした。
 ところが後の知事の説明では、規則や道徳を軽視しがちな風潮への危機感から「一定期間の農作業体験とか、介護、医療、災害復旧の手伝いをするなど、若者の心身を鍛錬する機関を設けた方がいい」という趣旨という。
 それならそう言えばすむ。徴兵制を持ち出す必要はない。「徴兵制」という刺激的な言葉が飛び出せばマスコミは驚く。政治家の言葉尻をとらえ、動物的に反応するだけの報道は確かに底が浅いし、県政立て直しに懸命な知事の揚げ足を取るようなことも本当はしたくない。にもかかわらず、知事の徴兵制発言は事実であり、新聞がそれを書かなければ読者の知る権利には応えられない。悩ましい。
 1枚の「赤紙」によって父や兄弟を戦場で失った遺族は多い。徴兵制を思い出し、傷つく人もいるだろう。逆に徴兵制を本心から必要と考える人もいる。そんなデリケートな問題に対し、本意でもないのに「徴兵制は必要」という発言が出てしまうことに心が痛む。
 一方、1月の知事選で東国原氏が連発した「(宮崎を)どげんかせんといかん」が今年の「新語・流行語大賞」に選ばれた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


自由に曲げることができるスプーンです曲げれるゴムスプーン (大野産業)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。