「倒産」夕張市 視察団から「説明費用」を徴求 介護用品と介護施設

「倒産」夕張市 視察団から「説明費用」を徴求のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「倒産」夕張市 視察団から「説明費用」を徴求

でんすけ⇒ ○メ在庫~30台 トラップ一家物語 Vol.9【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-1113
   北海道夕張市は、全国の地方自治体などから訪れる視察団に「説明費用」を徴求する。夕張市は06年6月に財政破綻し、国からの財政再建団体を受けたため、鉛筆1本買うのにも国や北海道の許可がいる。コピー代など資料づくりなどにかかる費用だってばかにできない。というわけで、負担を視察団側に負ってもらい、少しでも市の収入を増やそうというのが目的だ。夕張市地域再生課は、「財政再建計画の策定に関する視察にかぎって、コストの負担をお願いしています」と理解を求めている。 「視察を受け入れるにも、人手がかかりますから」   夕張市が策定した内規によると、視察にかかる費用は5人以下1団体につき、1回60分の説明・意見交換で1万5,000円。一人増えるごとに2,000円、説明時間が30分超過するごとに3,000円を、それぞれ加算する。   通常の業務に支障を来たさないよう、毎月第2、第4木曜日を視察の対応日にすることも決めた。内規はすでに、6月1日から施行している。   夕張市は視察について、「電話での問い合わせはほんとうに多いのですが、こちらの意向はなかなか伝わらないですし、先方の意向も伝わりにくいこともあってか、実際に訪れる団体は少ないですね」と話す。   J-CASTニュースが「視察団が減るのではないか」と聞くと、「実際の運用は始まったばかり。財政再建に限定しているので、それほどでもないのでは...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


2007年08月15日発売関ジャニ∞ドラマスペシャル「ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー」(仮)


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。