[福島汚職]佐藤前知事「潔白だ」無罪主張 東京地裁初公判 介護用品と介護施設

[福島汚職]佐藤前知事「潔白だ」無罪主張 東京地裁初公判のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

[福島汚職]佐藤前知事「潔白だ」無罪主張 東京地裁初公判

【ポイント2倍】父に奏でるメロディー/小林薫[DVD]
 福島県発注工事を巡る汚職事件で、収賄罪に問われた前知事、佐藤栄佐久被告(67)は21日、東京地裁(山口雅高裁判長)の初公判で「全く身に覚えがない。一点の曇りもなくすべて潔白だ」と無罪を主張した。実弟で衣料メーカー「郡山三東スーツ」元会長の佐藤祐二被告(64)も全面否認し、検察側と全面的に争う姿勢を示した。 検察側冒頭陳述によると、前知事は99年9月ごろ、祐二被告から「前田建設(工業)から木戸ダムを取らせてほしいと頼まれている。土地売買で世話になっている」と聞き「話は分かった。その通り進めていい」と承諾した。これを受け、県土木部長に同年12月ごろ「木戸ダムは前田建設が一生懸命営業しているようだな。考えてみたら」と「本命業者」を示唆。わいろとされる土地取引を祐二被告から報告された際も「そうか。分かった」と了承した。 弁護側も冒頭陳述し「祐二被告は土地の処分を前知事に一切報告していない」と2人の共謀を否定した上で「ダム受注の謝礼というのは、検察がひねり出した後付けの理由だ」と事件の構図に真っ向から反論。「最初から前知事をターゲットにした激しい捜査で事実がねじ曲げられた」と捜査手法を非難した。 公判は、来年2月ごろまで計32回の期日が予定されている。【銭場裕司】 ▽起訴事実 佐藤前知事は祐二被告と共謀し、前田建設工業が県発注の木戸ダム工事(00年8月入札)を受注した謝礼と知りながら、スーツ社が所有する時価8億円の土地買い取りを求め、前田建設の指示を受けた水谷建設に02年8~9月、約9億7000万円で買い取らせ、時価相当額との差額約1億7000万円のわいろを受けた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 ヒートガイジェイ 10【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-1471


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。