ボーリング場事業で失敗、42歳で60億円の負債 介護用品と介護施設

ボーリング場事業で失敗、42歳で60億円の負債のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ボーリング場事業で失敗、42歳で60億円の負債

一括大量仕入れの倒産返品・入札品。【倒産返品・入札品】浅山織物謹製 西陣正絹袋帯「花源氏...
■ボーリング場事業に参入して巨額の負債   韓昌祐(ハンチャンウ)会長は静岡に120レーンを持つボーリング場など全国に6カ所のボーリング場を建設した。当時の額で27億円を投じた。しかし突然のオイルショックとボーリングブームの下火で、42歳の若さで60億円の負債を抱えることになった。 「本当に自殺したかった。しかし幼い子供たちや自分を信じてくれる妻、さらに自分を信じて保証人になってくれた30人の友人たちの顔が思い浮かんだ。自分が死ぬのはいいが残る人たちに申し訳なくて、どうすればいいのか」とばかり考えていた。 そんな時、銀行の幹部が韓会長を呼び出した。「助けてやるからパチンコ屋を1軒買い取ってみろ」と言うのだ。ボーリング場を処分しても10分の1にもならないのに、逆に韓会長の再起を支援するというのだ。パチンコ屋は融資が受けられないので別会社を1つ作って資金を借り受けた。そしてボーリング場の敷地として探しておいた場所にパチンコ屋を建てた。郊外にあり、車で行くことのできる大型パチンコ店が日本で最初に登場したのはこの時だった。 「42歳で背負った60億円の借金は52歳で完済した。自分が生きる道は結局パチンコしかなかった。もちろんパチンコに対する否定的なイメージは嫌だった。そこで決心した。自分の行くべき道がパチンコならばパチンコのイメージを変えてやろうと。税金もしっかりと納めて法に反する行為は絶対にやらない。マルハンが九州や沖縄に進出しない理由は向こうでは暴力団がパチンコに介入してくるからだ」 こうしてマルハンは徐々に成長を重ねた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 いらっしゃいませ、患者さま。【邦画】 BANDAIVISUAL BCBJ-2380


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。