九州・沖縄地区企業倒産状況 介護用品と介護施設

九州・沖縄地区企業倒産状況のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

九州・沖縄地区企業倒産状況

【ポイント2倍】関ジャニ∞ドラマスペシャル「ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー」(仮)/関ジャニ...
平成19年5月度 九州・沖縄地区企業倒産状況(負債総額1,000万円以上)倒産件数130件   負債総額372億7800万円前年同月比  件数21件増   負債総額 192億4700万円減前月比    件数31件増   負債総額 112億4300万円増【5月の特色】○件数が大幅増。130件台は3年7ヵ月ぶり。○大型倒産はなく、中、小型の倒産が増加。○最大の倒産は(株)ナガサキゼリー(長崎市)の負債82億2,000万円。○地区別では、福岡地区の増加が全体の件数を押し上げる。○不況型倒産の占める割合が増加。1年6ヵ月ぶりに80%台。○業種別では、建設業が最多で、大幅に増加。○業歴20年以上の古参企業の倒産が増加。○全社の従業員総数は1,379人で4ヵ月ぶり1,000人を上回った。○法的倒産は全体の58.5%を占める。破産開始が圧倒的に多い傾向続く。元記事はこちら

(引用 livedoorニュース)


2007年09月14日発売太陽が昇る日 パーフェクトボックス Vol.3


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月27日 トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kaigo262007.blog101.fc2.com/tb.php/586-5d38dd63

倒産 九州の最新情報!

倒産情報局より最新の情報をお届けします!納得しないぞ九州親和HD!長崎県民の平均所得は金子が知事になってからは全国で44位と低迷しているが、今回の九州親和銀行倒産事件による長崎県経済界への影響は今秋から深刻さがま

2007年07月02日 倒産情報局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。