選挙:衆院3区補選 民主・後藤氏、共産・松岡氏が相次いで事務所開き /熊本 介護用品と介護施設

選挙:衆院3区補選 民主・後藤氏、共産・松岡氏が相次いで事務所開き /熊本のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

選挙:衆院3区補選 民主・後藤氏、共産・松岡氏が相次いで事務所開き /熊本

 魔法使いサリー DVD-BOX 通常版
 松岡利勝前農相の死去に伴う衆院熊本3区補選に民主党から出馬を予定している党県副代表、後藤英友氏が30日、菊陽町で、共産党から立候補を予定している前県議、松岡徹氏も、菊池市で事務所開きをした。
 演説カーならぬ選挙仕様のバイクで現れた後藤氏は「これまで自民系候補がコップの中の争いを続けており、3区の有権者は不幸だった。政治と金の問題で全国からも注目されている。自民党政治の古い体質を打ち破りたい」と決意表明した。
 参院選熊本選挙区の民主公認候補予定者、松野信夫氏も駆けつけ、相乗効果での勝利に向け「ガンバロー三唱」をした。
 松岡徹氏も政治と金の問題に触れ「事務所費問題などで自民とともに民主党の議員の名も挙がった。企業、団体献金や政党助成金も受けていない共産党だけがきっちりメスを入れることができる」と強調。年金、農政、憲法問題でも「有権者と心の底で思いが一致しているのは共産党」と訴えた。近く3区の各候補予定者に公開討論会を申し入れる考えも表明した。【山田宏太郎】

7月1日朝刊
(引用 yahooニュース)


森奥の呪縛


◆参院関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。