07参院選:前哨戦山場、大物議員続々 各党公認候補予定者を応援 /新潟 介護用品と介護施設

07参院選:前哨戦山場、大物議員続々 各党公認候補予定者を応援 /新潟のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

07参院選:前哨戦山場、大物議員続々 各党公認候補予定者を応援 /新潟

自伝的戦後史
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070701-00000111-mailo-l15
 ◇集会、演説で政局・政策論争
 7月12日公示、29日投開票の第21回参院選を前に30日、自民党の麻生太郎外相、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首がそれぞれ各党公認の選挙区や比例代表の立候補予定者の応援に駆け付けた。集会や街頭演説で年金問題などの争点や政局、政策について論じた。天下分け目の決戦といわれる今回参院選投票まで1カ月を切り、前哨戦は最大の山場を迎えた。【渡辺暢、萩原滋樹、前谷宏】
 ◇自公連立政権支持を訴え--麻生外相
 麻生外相は上越、長岡、新潟3市で開かれた党公認の立候補予定者、塚田一郎氏(43)の総決起大会に出席。「自民党も間違いやミスはある。ただし失敗にはきちんと対応できる力がある」と自公連立政権への支持を訴えた。
 同日未明、社会保険庁改革関連・年金時効停止特別措置法、公務員制度改革関連法を成立させた参院本会議に出席後、新幹線で県内入り。上越市内の料亭では、塚田氏が自身の秘書だった時代を振り返り「金融の知識にずいぶん助けてもらった」「政治家に必要な資質として、国と地方を豊かにすることをバランスよく見られる経営者の感覚を備えている」と持ち上げた。
 ◇年金や増税、解決を求め--志位委員長
 志位和夫委員長は新潟市中央区万代で、党公認立候補予定者の武田勝利氏(43)らとともに街頭演説。集まった支持者を前に、年金や増税問題の解決などを訴えた。
 志位委員長は、今回の選挙に向けた街頭演説は新潟が初めてと説明...

ニュースの続きを読む


Foresight(フォーサイト) 2005年10月号


◆参院関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。