’07参院選やまぐち:1カ月切り本格モード 自民、共産が集会などで士気 /山口 介護用品と介護施設

’07参院選やまぐち:1カ月切り本格モード 自民、共産が集会などで士気 /山口のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

’07参院選やまぐち:1カ月切り本格モード 自民、共産が集会などで士気 /山口

憲法改正序曲
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070701-00000189-mailo-l35
 参院選(12日公示、29日投開票)に向け、自民党県連と共産党県委員会は6月30日、山口市で連絡会議や総決起集会を開催。民主党側は7月1日、下関市に事務所を開く。投開票日まで1カ月を切り、各陣営は本格モードに突入した。
 自民党県連の連絡会議には県内56地域支部の選対支部長や事務連絡者ら約150人が集結。山口選挙区の事務要領などを確認しあった。
 立候補予定の現職、林芳正氏(46)も出席し「安倍政権が、今までできなかった改革を磐石な体制でやっていけるかどうかが問われる選挙」と強調、支持を訴えた。
 共産党県委員会の総決起集会には県内の4地区委員会などの選挙担当者や支持者ら約200人が参加し士気を高めた。
 立候補予定の新人、吉田貞好氏(54)は「医療や介護などのさまざまな問題で、社会的弱者を切り捨てている政治に対し、全力で反対したい」と決意を述べた。
 光市のスーパー前などで声をからしたのは民主党新人、戸倉多香子氏(48)。1日の事務所開設後は下関での活動も本格化させる。【長谷川隆、大村健一、取違剛】
〔山口版〕

7月1日朝刊

ムネオ疑惑追及300日


◆参院関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。