◎相次ぐ強行、首相が司令塔=異例ずくめの通常国会 介護用品と介護施設

◎相次ぐ強行、首相が司令塔=異例ずくめの通常国会のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

◎相次ぐ強行、首相が司令塔=異例ずくめの通常国会

自伝的戦後史
 天下り規制を強化する改正国家公務員法などが30日未明に成立し、今国会での与野党の攻防は終了した。参院選を意識し与野党とも対決姿勢に終始。安倍晋三首相はより多くの法案を成立させる「実績づくり」を重視し、与党への指示を連発した。この結果、与党は頻繁に採決を強行。最後は「中間報告」の奇策も繰り出すなど異例ずくめの国会だった。 1月25日に召集された今国会は冒頭から大荒れ。野党4党は女性を「産む機械」に例えた柳沢伯夫厚生労働相の罷免を求めて審議を拒否し、全野党が一度も出席しないまま補正予算が成立した。40年ぶり2度目という異例の事態だった。 その後、与党は衆院で3分の2を占める「数の力」を背景に、国民投票法、在日米軍再編特措法、改正イラク復興支援特措法などを野党の反対を押し切り衆院の委員会などで次々と可決。国会は与党ペースで進んだ。 しかし、国会も後半に入ると、約5千万件の年金記録漏れに世論の関心が集中、事務所費問題などを野党に追及されていた松岡利勝農水相(当時)が5月下旬に自殺するや状況は一変した。守勢に立たされた首相は、年金受給権の消滅時効(5年)を撤廃する特例法案を今国会に前倒しして提出するよう与党に指示。わずか4時間の審議で衆院厚生労働委員会での採決に踏み切った。 また、首相は、提出が遅れた改正公務員法の成立にも執念をみせ、与党を押しきり参院選投票日を1週間遅らせる12日間の会期延長も行った...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


在庫処分!半額セール◆魔法使いサリー DVD-BOX(初回限定生産) ※アンコールプレス


◆参院関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。