グッドウィル・折口雅博会長の慶應食い込みの背後に、竹中平蔵大臣(当時)の影が…… 介護用品と介護施設

グッドウィル・折口雅博会長の慶應食い込みの背後に、竹中平蔵大臣(当時)の影が……のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

グッドウィル・折口雅博会長の慶應食い込みの背後に、竹中平蔵大臣(当時)の影が……

ケア・福祉・保育・幼児教育・心理・カウンセリングの仕事につくには(2008年度版)
 本紙は今年6月24日、子会社だった介護大手「コムスン」の不正請求で大揺れの「グッドウィル・グループ」(折口雅博会長)の社外取締役に慶應大学教授が就任、しかも折口会長は若い女性がひじょうにお好きなようだが、その“会合”にこの教授もよく出席していた模様で、公私ともに2人は極めて親しい関係にあることを指摘すると共に、折口会長はある意図から「慶應に食い込みたかった」との事情通の声を紹介している。
 その後、『週刊文春』(7月5日号=写真)が折口会長が個人的に慶應に5000万円寄付していた事実を報道(折口会長の息子は慶應大生)。なおさら気になるところ、本紙はさらなる情報を入手した。
 グッドウィル・グループと深く関係する慶應人脈は他にもいたのだ。しかもこの教授の人脈は、政界中枢にまで及んでいるようなのだ。


続きはアクセスジャーナルで

(引用 livedoorニュース)


介護産業白書(1999年版)


◆コムスン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。