タニタ、睡眠計測システム「SLPモニター」 25日発売、初年度300台拡販 介護用品と介護施設

タニタ、睡眠計測システム「SLPモニター」 25日発売、初年度300台拡販のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

タニタ、睡眠計測システム「SLPモニター」 25日発売、初年度300台拡販

 手指の消毒手指消毒剤AL(1L)
 体組成計や体重計最大手のタニタ(東京都板橋区)は5日、太田総合病院太田睡眠科学センター(神奈川県川崎市)と共同で、睡眠の状態を評価して表示する睡眠計測システム「SLPモニター」を開発し、25日から発売すると発表した。医療機関や介護施設、運輸業界などを中心に売り込み、初年度300台の販売を目指す。

 日本では5人に1人の割合で、睡眠時無呼吸症候群(SAS)といった睡眠障害で悩みを抱えているとされる。しかし、睡眠障害にかかわる検査は、費用が高いうえ、身体を拘束したり、体全体に電極を取り付けたりするため、検査に二の足を踏む患者は少なくなかった。

 今回開発したSLPモニターは、コントローラーとセンサー付きマットで構成され、このマットを寝具の下に敷き、横になって眠るだけで睡眠状態が計れる。このため、通常の就寝状態で誰もが気軽に睡眠状態を計測できる。

 マットに組み込んだセンサーが脈拍数や呼吸数、体の動きなどを検出。その検出したデータは、4段階のステージグラフで表示する。また、睡眠時間や寝つくまでの時間、途中で目覚めた回数などの情報を加味して睡眠の質を統計的に算出する。

 検査結果は検査対象者にもわかりやすいように点数で評価する。100点満点で、100~51点を「平均的な睡眠」、50~0点を「改善の余地あり」と判断されるという。価格は1台52万5000円。

 SLPモニターは、医療機器ではないため、睡眠障害の診断には使用できない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


業務用介護チェア/高齢者支援50%オフ!高齢者,福祉施設,介護施設向け業務用アームチェア/ク...


◆介護施設関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。