【独女通信】賭博の街・ラスベガスでないと生きられない、独女の勝負師人生 介護用品と介護施設

【独女通信】賭博の街・ラスベガスでないと生きられない、独女の勝負師人生のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【独女通信】賭博の街・ラスベガスでないと生きられない、独女の勝負師人生

リビング・玄関・書斎・仕事机に...特別な幸運を呼び込もう♪日ごろのご愛顧にお応えして! 世...
日本ではカジノ解禁に向け、文化人や国会議員などが水面下で活動しているらしいが、実現は相当難しいようだ。だが日本のカジノやパチンコなどまったく眼中になく、本場ラスベガスで活動している30代独女の勝負師がいるという。

そういった独女ギャンブラーたちは、ラスベガスの特殊なシステムを上手に活用している。たとえば、カジノの滞在時間が長く、それなりにお金を使っていると、ホテルの部屋代がコンプになる。コンプというのは、今までどれだけそのカジノでお金を使ったかというバロメーターみたいなもので、テーブルに座るたびに提示する「プレイヤーズカード」に、ポイントが加算されていく。そのポイントに応じて、ホテルの部屋代がタダになったり、食事がタダになったりするシステムだ。

東京・八王子で喫茶店を経営するサチさん(38歳)は、ラスベガス歴10年余り。年に4回は店をスタッフに任せ、ラスベガス・ダウンタウンの小さなカジノホテルに、コンプを使って滞在する。サチさんはギャンブルが大好きだが、決して無理はしない。1回の旅行に持って行くお金、つまりギャンブルの資金は多くて50万円ほどだ。「昔はそれこそ2~3日で所持金が底をつき、その後はクレジットカードでキャッシングしてギャンブルを続けるのがお約束でした。でも今は経験を積んだせいか、かなり勝てるようになりました」。サチさんは目的がギャンブルだから、そこらの観光客とは気合が違う。スロットマシンなんて目もくれず、「バカラ」と呼ばれるカードゲームだけで勝負をする...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


科学忍者隊ガッチャマン【コイン無しセット】


◆パチンコ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。