[年金問題]照合は07年度内に 監視委も設置 首相発表 介護用品と介護施設

[年金問題]照合は07年度内に 監視委も設置 首相発表のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

[年金問題]照合は07年度内に 監視委も設置 首相発表

無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット
 政府・与党は5日、年金業務刷新に関する連絡協議会を開き、年金記録漏れ問題への追加対策を決め、同日夕、安倍晋三首相が発表した。当初、来年5月までに終えるとしていた宙に浮く5000万件の納付記録の照合完了時期を2~5カ月早め、早ければ07年中に、遅くとも08年3月までに終える方針を打ち出した。新たに、社会保険庁の業務を監視する「年金業務・社会保険庁監理委員会(仮称)」を今月中に総務省に設置することも盛り込んだ。対策に必要な財源額は不明という。 協議会の冒頭、首相は「行政府の長として申し訳ない」と記録漏れ問題が国民の不信を招いている点を陳謝し、「私の内閣の責任で早期に解決する」と述べた。 対策には、08年10月までに年金受給者全員(約3000万人)と、加入者全員(約7000万人)の計1億人に、加入履歴を「ねんきん特別便」として郵送することも加えた。通知時期も早め、照合の結果、追加記録があると思われる人にはその点も併せ07年12月~08年3月をめどに送付し、そうではない受給者には08年4~5月に、加入者には同6~10月をめどに送る。年金時効停止特別措置法によって年金が増額する人には、07年9月から1年以内に年金を請求するための書類を加入記録を付記して送る。 このほか、医療、介護の保険証の役割も兼ねた「社会保障カード(仮称)」を1人1枚配布し、このカードで自宅のパソコンでも年金加入履歴をみることができるようにする...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スルスル移乗介護担架


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。