赤城農相 架空事務所費計上か 介護用品と介護施設

赤城農相 架空事務所費計上かのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

赤城農相 架空事務所費計上か

 事務所経費問題などで批判され、5月に自殺した松岡利勝前農相の後任、赤城徳彦農相(47)に7日、同様の問題が浮上した。茨城県筑西市の両親宅に1990年~05年にかけ、約1億2000万円の経費を計上。同氏は疑惑を「全くない」と説明したが、両親が事務所としての実態を否定した。防衛相が「原爆投下はしょうがない」と失言して辞任に追い込まれてから4日。安倍内閣は参院選を前にまた、失点を重ねる格好になった。

 よりによって、松岡氏の後任農相に同様の疑惑が浮上してしまった。赤城氏に関する政治団体「赤城徳彦後援会」が、茨城県の両親宅を主たる事務所として県選挙管理委員会に届け、架空とみられる事務所経費を計上していた。

 県選管に提出された政治資金収支報告書によると、内訳は16年間で人件費が計約7160万円、光熱水費が同1350万円、備品・消耗品が同1560万円、家賃にあたる事務所費が同2280万円。

 赤城氏はこの日、農水省内で「活動の拠点で、付け替えや架空計上は全くない」と強調。だが、“事務所”に住んでいる赤城氏の父親は「家賃をもらっておらず、事務所として使ったことはない」と疑惑を認める発言。さらに「事務所として登録されていたことは、全く知らなかった。常駐のスタッフはおらず、選挙中も活動はない」と内情を話した。赤城氏は「(父親が)どう答えたか分からないが、そこが主たる事務所」とした。

 事務所費をめぐっては昨年12月、佐田玄一郎前行革担当相が架空の事務所費を計上していたとして辞任している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


■■


◆赤城農相関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。