名古屋市の電気工事業者メイワイーシー民事再生法申請、負債15億円 介護用品と介護施設

名古屋市の電気工事業者メイワイーシー民事再生法申請、負債15億円のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

名古屋市の電気工事業者メイワイーシー民事再生法申請、負債15億円

民事再生法入門改訂第2版
平成19年7月3日、名古屋地裁に民事再生手続開始の申立を行った。負債総額は15億円内外、債権者38名。申立代理人は、後藤潤一郎弁護士(名古屋中央法律事務所、名古屋市中区三の丸1-14-7本丸ビル4階、TEL052-203-0550)ほか1名。監督委員には、山田幸彦弁護士(名古屋市中区丸の内3-9-6石塚ビル4階、TEL052-972-0091)が選任された。昭和22年4月個人創業、同24年7月(株)竹村電気商会として設立、同62年10月現商号に変更。中部電力、東京電力などの電力会社の送電線工事主力に官公庁、民間向けの電気工事業並びに電設資材販売を目的として業容を拡大、ピークの平成6年5月期には年商42億3,800万円内外を計上したが、その後の電力各社の設備投資抑制ならびに公共工事減少の影響で業績はジリ貧傾向を辿り、平成18年5月期の売上高は11億5,000万円まで減少、最終損益も2期連続となる5億3,600万円内外の大幅な赤字決算となっていた。なお、下記の日時に2回に分けて債権者説明会の開催が予定されている。 1. 7月7日 午後1:00より   会場:港町第二自治会館   所在地:静岡県清水区港町2-5-22 2. 7月10日 午後3:30より   会場:桜華会館   所在地:名古屋市中区三の丸1-7-2   電話:052-201-8076元記事はこちら

(引用 livedoorニュース)


Q&A民事再生法第2版


◆民事再生関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。